IS03の充電を長持ちさせる方法


 

IS03の充電を長持ちさせる方法

     

android au IS03を購入して半月が経ちスマートフォンの充電を長持ちさせる方法が分かってきたので紹介します。
0

発売日までにIS03特設サイトで購入宣言をした人は電池パックを1個サービスされていますので

豪快な使い方をしても困らないかもしれませんが、

やはり大事な日こそ長く充電を持たせたいと思いますよね。

僕も初めは半日持ちませんでした。


しかも充電満タンにもならない状態。

ですが最近は十分もつようにもなってきました。





今日はIS03をストレスなく一日使いまくる方法を紹介デス。


では、、


まず、、


■使用していなかったら起動中アプリは必ず消す。
 IS03はマルチブラウザ+マルチタスクなのでPCと同じように同時に沢山の作業が出来ます。
 逆にこの沢山の作業を同時に行っていると消費が激しく充電があっという間になくなるので
 アプリは使わなくなったら必ず消すべし。


■GPSは常時OFF
 GPSは常に自分の居場所を通信している為、非常に消費が高いんですね。
 GPS連動アプリを使わない時は常時OFFで使うべし。
 

■電波が悪い所ではデータ通信を行わない。
 本来通話もしかり、電波が悪いところでは電波OFFが一番良いのですが、
 今のご時世電波が悪くて通話ができないなんて電話じゃないので
 電話だけは繋げておかなくてはですが、データ通信にも同じことが言えるので
 電波の悪い所ではデータ通信(3G)は行わない方が必然と充電は長持ちするようになります。


■Bloothoothとwi-fiは同時に使わない。
 データ通信で非常に便利な機能のBloothoothとwi-fiですが、この2つの機能は
 まず何かというと、Bloothoothは無線ワイヤレスでOA機器に接続する機能なので
 車と携帯電話を無線接続してハンズフリーで通話ができるようになったり、イヤホンと
 携帯電話を接続出来たり、LISMOを聴く人にはヘッドフォンと無線接続出来たり、
 キーボードと無線接続出来たりするものです。
 次にwi-fiとは簡単にいうと無線LANの事と思って下さい。(厳密には違いますが)
 本来携帯電話に内蔵してあるデータ通信機能3Gで十分ですが、自宅にいたり
 ココイチやマックのようなフリースポットならwi-fiの方が通信が早いので良いですね。
 また大きなデータを送受信するような場合はwi-fiの方がストレスなく良いと思います。
 さて、前降りが長くなりましたが、なぜBloothoothとwi-fiを同時利用しない方が良いかと
 いうとこの2つは2.4GHz帯の同じ帯域を使って通信を行っている為、椅子取り合戦の様に
 お互いが喧嘩しちゃいます。この時に大量の電気を使うのでもし使うとしたらどちらか
 片方づつ使うべし。


■更新ボタンは切るべし。
 スマートフォンに搭載されている機能及び全アプリが更新された時に通知して
 教えてくれる更新ボタン(バックグラウンドデータ)は必要な場合を除き切っておく。
 これは聖徳太子みたいな機能で同時に複数のアプリの更新状況を確認しているもの。
 いわば常にあちこちに意識を張っていて疲れちゃうんですね。
 au oneメール、ezwebメール、PCメール、Gメールが新着で届いていないか
 Titterコメントが入っていないかFacebookが届いていないか、常時意識を張っています。
 非常に便利な機能ですが、常駐である必要はないので、時たま確認する時に使う程度で十分!


■新幹線では電波OFF
 ・・・そんな事言ったら仕事にならないでしょ。。。(笑)
 まぁこれはスマートフォンに限らず普通の携帯電話でも一緒ですが、高速移動中は
 電波をキャッチしづらい状態なので消費が早くなります。
 データ通信を行う場合、新幹線では無線LANを利用可能ですので
 wi-fiを利用した方が良いですね。
 最近は熊谷駅~東京駅間でも利用できるようになったようですね。


■バックライトは使い分けるべし。
 液晶のバックライトを明るく設定したり調整できるボタンがありますが、これは切っておくべし。
 当然のことながら明るさを維持するのに電気を消費しますので充電が早くなくなります。



■着信ランプOFF
 新しい通知が届くと着信ランプが点滅しますが、こんなランプは不要。キル。


■待ち受け時間を最短に設定スル。
 待ち受け時間が長ければ長いほど、消費が多くなります。
 ECO社会ですから待ち受けは15秒~30秒設定で十分。


■キー操作音とタッチ操作音はOFF
 携帯のボタンを押す度に音が鳴る設定ですが、
 要らないでしょ、コレ。
 音が出る度に電気をくいますので余分なものはOFFすべし。


■画面表示切り替えは人それぞれ
 画面の向きに合せて縦横くるくる表示させてくれる画面表示切り替えですが、
 これも電気を使います。
 僕的にはくるくる表示されないとスマートフォンって感じがしないのでONにしていますが
 必要のない方はOFFにした方が充電がもちます。


■常駐アプリはOFF
 ここまで説明してきてなんとなく分かってきたと思いますが、自宅の電気と一緒で
 なんでもつけっ放しはダメよ。って事です。
 つけっ放しだと電気をず~っと使っている状態なので消しましょうね。
 そして最後に常駐アプリはOFFという事ですが、目に見えるものは良いのですが
 意外と気づかないアプリは『目覚まし時計』デス。
 目覚まし時計も朝切ってOFFにし、夜セットして寝る。
 朝5時に鳴るようにセットしっ放しでは充電が早く無くなります。
 厳密にいうと充電が早く無くなるというより目覚まし時計の分だけ充電残して
 電源落ちます。(以外に要注意な部分ですね。)


以上、android au IS03の充電を長持ちさせる方法でした。

これで今日から充電長持ちIS03に生まれ変わります。

皆さんも是非試して下さいね。

ポイントはチリも積もれば○○○○ですし、地道にコツコツとって感じです。

では、また。
———————————————-
文字情報ばかりの内容では読まれないと分かっていながら
面倒くさがりなのでまたやっちゃいました。
以前の読まれない(笑)記事はコチラ 
———————————————-
らじなび.jp運営
株式会社三ラージ(スリーラージ)
伊勢崎市大手町11-19
TEL :0270-27-8777
H P :らじなび.jp
H P :撮り建

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中